ご存知かも知れませんが、雲下抜け後は急落が待ち構えていますよ

一目均衡表は方針を決める際に非常に重宝しています。私は雲上では基本的に買い、雲下では売りの方針を臨んでいます。

その雲において、値が雲上にあるときから雲下抜けした際、値が急落することが多々あります。このパターンは以前にも紹介しましたね。

参考:雲上から雲下に抜けた時には大きな下落が待っているのです

今回もポンド円における雲下抜け後の急落を狙ったトレードです。

雲下抜け

雲上から雲下へ抜けました。特に注目する節目はありませんが、何度も言うように雲下に抜けた後には急落が起こりやすいのです。なので思い切ってショートを入れました。損切りは雲上に置きます。雲下抜けがダマシで再び雲上に戻って上昇することもあるので、今回のような得意パターンでも損切りは必ず入れます。

 

FX・ガッツリ

171.483で売りが入ったあと雲下限での揉み合いましたが、やがて一発目の急落が起こります。

ここでリスクを軽減する意味でも3枚だけツナギの利食いを行いました。

2枚を残して、ここから更なる大きな下落を期待します。

 

FX投資手法

そして待ちに待った大降下!大きな下落となりました!

注目すべきは利食いはしっかり節目を捉えているということです。

このように雲上から雲下に抜けてきた時には、一旦雲まで戻して急降下というパターンが頻発します。

前回記事でFXはパターン認識が重要だと説きましたが、今回のパターンも非常に使えます。

ポンド円では「雲下抜け後に急落が起こりやすい」、この事を知っているか知らないかで利益も大きく変わります。

 

171.483S @5

→171.034 +44.9pips @3

→169.971 +151.2pips @2

このパターンはポンド円を取引するトレーダーには是非応用して頂きたいと思います。