両建てによる持ち合いブレイク攻略

FX投資での両建て、現在では普通にできるようになりましたが、昔はFX業者によってはできない所も沢山ありました。当時、「両建てができる事」が私のFX業者選びの重要なポイントでした。今回紹介するケーススタディは両建てがあってこそのトレードです。

FX投資・両建て

雲下に抜けた後ショートを入れて、節での反発を見て「これは持ち合いになる」と判断して、成行で一部利食い・ロングによる両建てをしたところからスタート!

※後から入れたロングのことをツナギと言ったりもします。

177.492S @10

→176.866  +62.6 @5

手持ち

177.492S  @5

176.911L  @5

 

FX投資・持ち合い相場

途中経過

この状態ではまだどちらに転ぶか判断できないので静観します。

 

FX・持ち合いブレイク

雲上に出て、高値節を抜いた事で、「上げる」と判断しました。

手持ちショートを損切りして、

177.492S  @5

→177.821  -32.9pips @5

ロングを残して、持ち合いブレイク後の急騰を待ちます。

 

FX・持ち合いブレイク後の急騰

ショート損切り後、遠景での高値節を捉えて利食いを入れます。

176.911L @5

→178.390  +147.9pips @5

3月の連敗から得意のパターンができて、追い風の予感します♪

このように私の投資手法では両建てが重要なキーを占めるのです。持ち合い相場で両建てを行い、ブレイクした方に付いて行く。これが私の得意パターンの一つ。

負けが続いた時こそ、自分の定石に持ち込むべし!

 

ちょっと話は変わりますが、

FX投資は自分の勝ちパターンを定石として、何個も持ちあわせておくことが儲ける近道。「歴史は繰り返す」に近いところですが、FXは似たようなチャートの動きを繰り返します。「前にこんな動きをしたから、ここもこうでしょ!」というのがテクニカル。FXの勉強は色んな本を読み漁るより、高いお金を支払ってセミナーに行くよりも、過去のチャートを見る方がよっぽど有意義になります。そこで通貨ペアによる動きの傾向を掴むようにしましょう!