時間足と日足の組み合わせで大きく確実に差益を取る

シェアする

前回のケーススタディでもご紹介しましたが、デイトレであっても日足などの長いスパンの時間足を効果的に使うと良いです。

参照記事:

時間足と日足の使い分け、雲下の戻りを取る!

これは短いスパンの足(15分足、1時間足など)よりも日足や週足などの長いスパンの足のテクニカルの方が機能するからです。

今回もそんな1時間足と日足を効果的に使い分けたトレードをご紹介します。

雲下から雲中に突っ込んできました。基準線と転換線がゴールドクロスしているこのパターンは、雲下や雲中であっても上げてくるケースも多々あります。

雲中のショートエントリー

ショートを一発負けましたが、雲上抜けしていないので売り目線を継続します。そしてショートを指値しました。高値節を抜くと同時に雲上になるので、そのポイントにストップを置きます。一部利食いは直近の節目のちょっと手前に設定しておきました。

FX投資・ツナギの利食い

指し値が刺さり、ショートエントリーした後は順調に値下がりします。そして上のチャートでも指していた節目の一歩手前でツナギの利食いの指値も入りました。

184.589S @10

→182.917  +167.2pips @5

これだけでも大きく頂けましたが、さらにガッツリ儲けを狙っていきます。ここで儲けが出ているからこそ残りのショートも安心して見ていられます。例え逆行の急騰して損失が出ても、トータルではプラスになりますしね。

残りのショートで狙うポイントは180.200

FX投資・1時間足の利食い場探し

1時間足では180.200はまだまだ見えません。

なぜこのポイントを差したのか、根拠は日足にあります。

FX投資・日足での利食い場探し

5月に作られた節目に利食い指値していることが分かるかと思います。

金曜日ということもあって、雇用統計のドサクサに紛れて利食って逃げるのも視野に入れてます笑

エントリーも、利食いも根拠のあるところで行うのです。

FX投資・雇用統計の効果

本業中に、雇用統計前に大きく垂れてきて利食い指値が刺さりました!

184.589S

→181.223  +336.6pips  @5

チャートでは大きな動きに見えないが、ガッツリ差益を頂きました。

このように時間足でテクニカルポイントが見えない時は日足、週足を見てみるとトレードの根拠となるテクニカルポイントが見つかることもあります♪

決まった時間足だけを使うのではなく、時には日足や週足など長いスパンの足を使ってテクニカルポイントを探すことも大事となります。

Bettyが実際に使っているオススメ口座

Bettyが実際に使っているオススメ口座


私がメインで使っているのはXMです。MT4、MT5にも対応していて、トレードに使えるボーナスも豊富です!最大レバレッジが888倍なので少ない入金でも満足のいくトレードが可能です!またゼロカットにより、入金額以上の損失は発生しません。口座開設だけで3000円のボーナスが貰えるので、これだけでトレードができちゃいます!

BettyによるXMの評価はコチラ

XMの口座解説方法はコチラで詳しく説明しています

ブログランキングへの応援をお願いします

ご参考にして頂けましたら、ぜひ応援をお願いします( ´◕㉨◕)♥
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

シェアする

フォローする