サクッと取って逃げる!デイトレにおける逆張りのやり方

FX投資の中でも特にデイトレの場合、逆張りとはこうするんだという例を今回はご紹介します。

デイトレ・逆張り

雲上の場面です。セオリー通りでいけば「雲上は押し目買い」となりますがショートを狙います。雲上では得てして上げトレンドとなりやすいのですが、そのトレンドに逆らうトレード、そう、これが逆張りなのです。

185.979S @10

 

雲上での逆張りショートなので、分割は狙わないません。ガッツリ取ることも考えません。

雲上限付近で一括利食いを狙います。取れるだけ取って、逃げるんです。卑怯かも知れませんが、トレードは勝てばいいのです。これが私のデイトレにおける逆張り!

 

デイトレ・逆張りの利食い

狙い通り落ちてきたので雲上限で利食い!

185.979S→185.028 +95.1pips  @10

ツナギの分割で一部を利食い、コストを下げてから残りを引っ張るやり方もありますが、私はデイトレでこれは行いません。

スイングトレード、長期のトレードならこうしたやり方も有効ですが、そのやり方はデイトレには向きません。

デイトレは如何に利益が大きいうちに利確して逃げられるかが重要なのです。

 

「逆張りで引っ張って、とにかく天井から底までを取りたい」

 

このような考えはデイトレでは捨てるようにしましょう。痛い目に会いますよ(私も何度もやって、いい加減懲りました笑)