節目といえども指値放置あかん

シェアする

ポンド円においては節目で価格変動が反発しやすいというのは、このブログでは何度も触れているところですが、それでも完璧ではないのです。なので節目で指し値をしておくのは良いのですが、必ずストップを設定しておくべきなのです。そして値動きを追いながら、「これはマズい!」と思ったら指し値をキャンセルすることも必要なのです。

今回は指し値を動かさなかったばっかりに損切りをしてしまった例をご紹介します。

ポンド円・損切り

雲中ですが、上昇の傾向が出ているかなと思いロングの指し値をして、そのまま十数時間放置していたらポジションがなくなっていました。

179.319S

→178.987  -33.2  @10

反省すべきは、ローソクが雲中を抜けなかったところに注目しなかった事。雲上に抜けたら「買い」と判断すれば良いのですが、この雲を上抜けするかどうかで揉み合い状態を作っていた事で「上に行くのを嫌がっている」「上抜け阻止のポジションが溜まっている」と判断できたはず。そして落ちてくる可能性を考慮できました。そうすれば指値はキャンセルするという判断もできたと思います。

たらればを言っても仕方がないのですが、指値をそのまま放ったらかした事が一番の敗因です。

FX投資でデイトレをやるのに放置はダメです。状況に応じて適宜戦略を変えて対応していかないとデイトレでは勝てません。そんなこともしないで勝てる程、FX投資は甘くないのです。

ローソク足が2、3本できる間に1回はチャートをチェックしてプランの変更が必要だと思います。

Bettyが実際に使っているオススメ口座

Bettyが実際に使っているオススメ口座


私がメインで使っているのはXMです。MT4、MT5にも対応していて、トレードに使えるボーナスも豊富です!最大レバレッジが888倍なので少ない入金でも満足のいくトレードが可能です!またゼロカットにより、入金額以上の損失は発生しません。口座開設だけで3000円のボーナスが貰えるので、これだけでトレードができちゃいます!

BettyによるXMの評価はコチラ

XMの口座解説方法はコチラで詳しく説明しています

ブログランキングへの応援をお願いします

ご参考にして頂けましたら、ぜひ応援をお願いします( ´◕㉨◕)♥
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

シェアする

フォローする