ロングは押し目で入ると損失は小さく、利益は大きくなる

FX相場で上げトレンドが出ている時でも一直線で値が上がっていくことはありません。波を打ちながら上昇していきます。

ロングをするときは押し目で買うようにしましょう。押し目というのは波の底の部分になります。

押し目でロングを入る理由は、

・上げた時の利幅が大きくなる。

・予想に反して下落した時の損失が小さくなる

この2つの理由があるからです。当然のことだと思われるかもしれませんが、当然の事をしっかりとやる事がFXで稼ぐためのコツでもあるのです。

押し目買いを心掛けた事で損失を小さくしたトレードをご紹介します。※負けトレードです

押し目買い

雲上でのロングを狙った敗戦トレードです。雲上において節目を狙ったロングだが、上値を切り下げていることに注目。これに意識を向けていたのですが、思い切って入ることにしました。

 

結果は、、、

FX押し目買い

174.155L→173.944 -21.1@10

上値が切り下がっても一気に吹き上げるケースもあるある。なので思い切ってロングをエントリーしたのです。

エントリーするのはいいのですが、やはりこのように損切りは早めに行いましょう。ダメだと思ったら直ぐに切る!そして次のエントリーポイントを探します。

ただこのトレードで言いたいのは、雲と節が重なる押し目ポイントまでロングエントリーを引きつけていること。今回のように引きつけて押し目エントリーすれば損失は小さくなります。もちろん逆にうまく行った場合は利益が大きくなるのです。

引きつけることでエントリー機会は減るかもしれませんが、FXはエントリーすることが目的ではなく稼ぐことが目的のハズ!

そして稼ぐためには損小利大を心がけなければなりません。それを可能とするのはロングの押し目買い、ショートの戻り売りなのです!

今回紹介したトレードは、損切りした負けトレードではあるが、ナイスエントリー、そしてナイス損切のトレードなのです。