ポンド円の動きの特徴

こんばんは、Bettyです。

今更ながら、1月はトレードを行った日はその日のトレードを報告しようとしていましたが、中々辛いですね、これ笑

先週はポジションを持ち続けて、育てていたので、毎日更新でしたが、今週はデイトレが多く、トレードしない日もあったので、幾分かは楽です♪

1/21トレード

雲下で節目を狙ったトレードで差益をゲット!残りのポジションも育てます

1/20の安値を付けたあと、安値を切り上げて上昇してきたところをショートで叩きました(緑のライン)。

ショート入った後は順調に下げて分割の利食いを入れます(白いライン)。

166.687S @10

→165.042 +164.5pips @5

手元には5枚ポジションに残っています。これは白の破線の所まで待つ予定です♪

通貨の特性を知ろう

ポンド円では雲下で安値を付けた後、下値を切り上げてくるパターンは雲を上抜けして上昇しやすいのです。しかし、今回は上げてくるスピードが早かったので、こうした場合は再度下落に転じる場合があります。

ポンド円の動きの特徴

このように通貨ペアによって値動きには特徴が出やすいため、私は通貨ペアは固定する事をお勧めしています。あれこれ色んな通貨ペアをやっていては、こうした通貨ペアごとの動きの特徴をつかみにくいのです。

通貨ペアはこれと決めたものを誰にも負けないくらいに精通するようにしましょう。FXを勉強するとはこういうことなのです。

トレード手法を知ればOKという甘い世界ではないんです。

でも、このように通貨ペアの値動きの特性を知ることで勝てるようになってきます。自分の得意通貨ペアを作れるように頑張っていきましょう!