XMの評価(詳細)

シェアする

XMのトップページ

私がメインとして使っているFX口座がXMトレーディングです。
ここではXMトレーディングについてメインで使っているという主観的な部分は取り除いて、あくまで客観的な評価とネットで見られる口コミ・評判を良い部分も悪い部分も包み隠さずご紹介していきます!

XMトレーディングの評価

XMの評価

私が約2年以上もXMトレーディングをメイン口座として使ってきての評価をしました。メイン口座として使っているからといった主観的・肩入れは一切抜きで、客観的な評価を行っています。

国内FX業者にしようか、海外FX業者にしようか迷っている方はご参考にしてみて下さい!

信頼性

評価:8点

XMは196カ国で展開され、40万人以上のトレーダーが利用しているFX業者で実績は抜群となっています。

XMはヨーロッパの中でも特に審査が厳しいイギリスの金融庁・金融サービス機構であるFSA(Financial Services Agency)の認可を受けています。
またイギリスだけでなくドイツ、オランダ、フィンランドなど数々の国の認可を受けていて、他の海外FX業者と比べると圧倒的に信頼性が高い会社となります。

ただ日本の金融庁には無許可の会社なんですね・・・
日本の金融庁から認可を受けるにはレバレッジを25倍にして、ゼロカットを廃止しなくてはならなく、トレーダーにとってデメリットにしかなりません。

万が一XMが破綻しても、一人当たり20,000ユーロ(約250万円)まで信託保全されていて保証金が守られていますが、日本の金融庁には無届けなのでもしもの時には自分で対処しなければならなくなります。

コスト

評価:5点

スプレッドは国内FX業者の多くと比較すると大きくなっています。XMのスタンダート口座・マイクロ口座の場合、ドル円を例に出せば国内FX業者で最狭水準は0.3銭前後ですが、XMは平均1.8銭(XMは変動相場制のためスプレッドは固定ではないのです)となっています。

またXMにはゼロ口座という種類の口座があり、こちらの場合はドル円が0.1銭と国内FX業者以上にスプレッドが狭いのですが、10万通貨毎に5ドルの手数料が別途掛かります。

ゼロ口座で取引する枚数によっては国内FX業者より手数料がお得になる場合もありますが、この点においては総合的に見て国内FX業者の方に分があると言わざるを得ません。

約定力

評価:10点

リクォート・注文拒否がなく、全注文の99.35%が1秒以内に執行されるということで約定力には定評があります。

国内FX業者の取引ツールで注文が確定するまでにタイムラグが生じて、レートがスベることでストレスを溜めた経験がある方も多いハズ・・・

XMではそういったストレスとは無縁のトレードを行うことができます。

スワップポイント

評価:3点

XMのスワップポイントはプラスになる場合、とても低水準です。またスワップポイントがマイナスとなる場合は大きめの設定となっています。

長期のトレードが主体で、「為替差益に加えてスワップポイントも欲しい」という方には正直お勧めしにくいです。

ツール

評価:10点

基本的に取引はMT4を用いて行うことになります。XMが素晴らしいのはMac向けのMT4を提供してくれている点です。

MT4はWindows向けでしか提供されておらず、通常ならBoot CampやWineを使った上でインストールする必要がありますが、XMは独自にMac向けのMT4を提供してくれています。

ただし一部で文字化けが生じていたり、一部機能が使えなかったといったように不十分な点もあるので、MT4のフル機能を使いたい方はWindowsマシンを用意するかBoot Campを利用することが望ましいです。

それでもチャートをカスタマイズする、トレードを行うといった基本的なことはMac版MT4で十分にできるので、私はこれで満足しています。

スマホ

評価:10点

スマホ版のMT4(iOS、Androidともに)にも対応をしています。感覚的にはPC版並の約定力があると思います。

高機能なチャート表示もできて、何と言っても動作が軽いので、地下鉄などで3G回線になっても、サクサク動いてくれます。

資金管理

評価:10点

レバレッジは最大888倍、最低取引ロットはマイクロ口座で10通貨〜となっています。計算上は約5円入金すれば取引ができるようになっています。

ハイレバレッジ対応だと少ない入金額でも色んな通貨で複数のポジションを持つことができるので、効率的にトレードを行うことができるんです。

またハイレバレッジだと、一気に逆行したときの追証が不安という方もご安心下さい。XMではゼロカットといって、入金額以上にマイナスが出た際にはそれをゼロに戻す制度があるため、追証は一切ないのです。これがあることで安心してトレードを行うことができますね。

サポート

評価:5点

平時の日本時間9:00〜21:00、日本語でのチャットに対応しています。英語でのサポートであれば平日24時間の受付が可能です。

海外FX業者の中だけで見れば充実しているのですが、国内FX業者が平日24時間の対応してくれているところが多い点を見ると手薄な感は否めませんね。

情報提供

評価:7点

デイリーマーケットナビという日々の値動きの状況を解説するビデオを市場が開いている日をほぼ毎日アップしてくれています。

しかし日本語での情報提供はこれくらいで、指標の結果やそれを受けての値動きの解説、アナリストの解説といったものは皆無です。

指標をトレードに活かしたい方は、情報収集用に国内FX業者で口座を解説しておくことをお勧めします。

キャンペーン

評価:10点

口座開設だけで3,000円のトレード資金が入金される点が大きなメリットの一つです。自分で資金を用意する必要がなく、タダでトレードができてしまうのです。
この3,000円は出金できませんが、これを元手に3,000円以上稼げばその分は出金することができるのです。

また入金額に応じて最大5,000ドル(約50万円)のボーナスクレジットを受け取れます。

そしてトレードバトル・コンテストに参加料無料でチャレンジでき、賞金を得ることができたり、取引量に応じたポイントプログラムも用意されているなど、キャンペーンは非常に豊富となっています。

そしてそのいずれも、キャンペーン対象となるための条件が非常に容易です。

国内FX会社で「最大5万円キャッシュバック」とキャッシュバックを謳うものは、大体が対象条件に「初回入金10万円以上、口座開設から一定期間内に500万通貨を取引」という、「普通に5万円以上の損失出るだろ!」というキャッシュバックが無意味になる条件を付けています。

キャンペーンというのは、「何が貰えるのか」というのより、「対象条件は何か」という点に着目しなければなりません。

その点、XMのキャンペーンは「口座開設完了だけで3,000円」「入金すればボーナス」という必ず対象となり、隠し条件はありません。

XMの評価まとめ

スプレッドとスワップポイントは国内FX業者と比べると大きなハンディがあります。

上記の評価は他のFX業者と比較するために評価軸を合わせたものなので、これだけだと国内FX業者の方がメリットが多いように思えるのですが、XMの最大の特徴・メリットは、

最大レバレッジ888倍とゼロカットによる追証なし

にあります。

この2つのメリットにより国内FX業者をうんと凌ぐアドバンテージが得られます。
XMトレーディング

まとめ

XMは若干スプレッドが広い印象はありますが、ハイレバとゼロカット、MT4対応が好評となっていて、ある程度のFX経験があるトレーダーからは絶大な支持を集めています。

出金トラブルも一部では声が聞こえますが、実際には事務手続きの問題のようで出金できないことはないようです(私は出金拒否は今までに一度もなし)。

出入金にはクレジットカードを使いますが、Masterカードは現在対応していないので、Visaカードを作っておくことをオススメします。

また最近になってビットコインでの入金も可能となりました。

XMへの申込み方法は下の記事で詳しく解説しています。

海外FX口座のXMは最大レバレッジ888倍、追証なし、3000円の口座開設ボーナスなど国内FX口座にはないメリットがたくさんあります。しかし、海外FX会社ということで申し込みに際して不安を抱える方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方へ、今回はXMの申し込み方法を写真を用いて丁寧に分かりやすく解説していきます!

XMのその他の関連情報

XMの口コミ・ユーザーの声・評判

XMの口座開設方法を完全ガイド

海外FX会社を使っていると出金拒否はあるの?

Bettyが使っているお勧めFX業者一覧へ戻る

シェアする

フォローする