FXとは?取引の仕組みは?株とはどう違うの?基本から教えます!

シェアする

これからFXを始めようという人、FXで副業収入を得ようとお考えの方の中には「そもそもFXって何?」という方もいらっしゃるかと思います。

そもそもFXとは何か?数ある投資商品の中でなぜ私がFXをお勧めしているのかを紹介してまいります。

FXとはなにか?

FXは各国通貨の価格変動幅によって利益を得るもの

FXはForeign Exchangeの略で、日本語で正式に表すと「外国為替証拠金取引」となります。名前だけ聞くと複雑で難しそうなのですが、その原理はとっても簡単です。

例えば1ドル=100円の時にドルを1ドル買います。
これが、1ドル=110円になった時にドルを売って円を買い戻します。
そうすると100円が110円となり、差し引き10円の利益が出ます。

FXの仕組みはドルを購入後、ドルが値上がりしたら利益、ドルが値下がりしたら損失

FXの仕組みってただこれだけの事です。
2カ国の通貨の取引を通じて、為替変動によって生じた通貨差益を儲けに変えるというのがFXの仕組みなのです。

FXの魅力はレバレッジ

ドル円が10円価格変動するのは大変なことです。1日で動くのは1円にも満たない幅を上下するのが殆どです。

例えば投資に使えるお金が10万円しかないとしましょう。米ドルで取引して、1円の値動きがあっても千円程度にしかなりません。アルバイトをした方がいいくらいですよね。。。

しかしちょっと待った!FXの最大の魅力はレバレッジにあるのです。レバレッジとはてこの原理の事。これによって口座にある資金の何倍もの額の取引が可能となるのです。

外貨の取引を行うといっても自ら外国為替取引所で外貨をトレードする訳ではなく、間にFX業者を挟んで取引を行います。株で言えば証券会社を挟んで取引するのと同様ですね。

トレーダーの注文はFX業者によって取りまとめられて外国為替証券所に発注される

FX業者が顧客であるトレーダーからのお金を預かって、代わりに外国為替取引所(インターバンク)に注文を出しているのです。そのおかげで口座に預けている資金の何倍もの額の取引が可能となるのです。

FX業者を介すことで、実際の資金の何倍もの取引が可能

現在、日本のFX業者のレバレッジは25倍となっています。つまり口座にある資金の25倍もの額の取引を行う事ができるのです。

仮に10万円を口座に入れていれば250万円分もの取引が可能となるのです。

大事なのはレバレッジは自分で決めるものではないという事です。口座資金に対していくらの取引を行っているのかによって自動で決まります。
例えば10万円を口座に入れて、100万円分の取引を行っていれば、レバレッジ10倍となります。日本のFX業者であれば最大レバレッジ25倍となるので、10万円を入金した場合、250万円分の取引までできるということです。

ちなみに海外のFX業者ではレバレッジが最大で888倍というところもあります。
レバレッジについて、一般的に高倍率だと危険と言われていますが、一概にそうとは言えません。リスク管理が十分にできれば高倍率のレバレッジは資金管理に非常に有効な手立てなのです。参考までに下記の記事もご覧頂ければと思います。

Lotと必要証拠金額について

FXでは業者が取引できる最小単位を設定しています。
1Lot=1000通貨か10000通貨が最小単位としているところが多いです。

ドルを買いたいってなっても5ドルだけとか、そういった指定はできなくて、1000ドル単位、10000ドル単位でしか取引ができないのです。

1Lot=1000通貨だった場合に、5Lotとなると5000ドルという形になります。

そして1Lotのポジションを持つのに最低限必要な口座資金を必要証拠金といいます。これもFX業者が通貨ごとに設定しているものになります。

例えばヒロセ通商の場合、2016/4/30時点でドル円の必要証拠金は、

1Lot(1000通貨)=4,500円となっています。

これは1000ドル単位での取引ができて、1Lotを取引するのに4,500円が必要だという事です。

必要証拠金についてはFX業者が発表しているものを参考にすれば良いのですが、レバレッジとの関係性が分かりやすいように説明すると、

ドル円が110円、レバレッジが25倍なので、

1Lot(1,000通貨)=110,000円÷25(レバレッジ)→4,400円(必要証拠金)

微妙に業者が言っている必要証拠金とは違いますが、大体このような計算が成り立ちます。
最終的には自分で計算するのではなく、業者が公式に言っている額を参考にして下さいね。

FXと株の違い

投資対象となる金融商品には株や先物、FX、国債など様々ありますが、一般的に人気が高いのはFXと株、そして最近では株取引の一種でもあるNISAも人気で始める方が多くなっています。

FXと株の比較を分かりやすく一覧にしてみました。

FX
投資対象 通貨  企業株
取引対象の種類 50通貨 4,000社以上
売買ルール 買いからも売りからも入れる
不景気で下げる局面でも利益を出せる
基本的には買いからで好景気で上昇の場面でしか利益が出せない(例外もあり)
トレード時間 平日24時間 平日9〜15時
レバレッジ 最大888倍 約3.3倍
金利受け取り
タイミング
毎日 年2回
税金 20.315% 20.315%
ただし、NISAの場合は120万円までの利益に対して5年間課税なし

トレードをするに当たっての大きな違いはどこにあるのかを分かりやすく解説していきたいと思います。

取引対象

まずはFXと株では取引対象が違うという事を第一に覚えておきましょう。
FXは日本円や米ドル、豪ドル、ユーロ、英ポンドといった外国通貨を取引するものになります。株は企業が発行する株式を取引するものになります。

FXで投資対象となる外国為替というのはつまりは国の通貨です。取引する通貨の国の経済状況や社会情勢が通貨の値段に反映されてきます。

一般的にはあるA国が好景気に湧いていれば、投資家はそのA国の債権やその国の企業株を買います。A国の債権や企業株を買うにはA国の通貨が必要。そこで自国の通貨を売ってA国の通貨を買い、債権や株を買う。そのためA国通貨に需要が集まり、A国通貨の価値(=価格)が上がるというもの。

一方で株は企業の価値を示すもの。B社が売上絶好調で営業利益も右肩上がりとなれば、株主への配当も期待できるものとなり、B社の株を買い求める人が増えます。そこでB社の株価が上がるというもの。

FXも株も価格変動を予想して投資を行うというものなのです。

取引対象の種類

FXでは投資対象は国の通貨ですが実際に取引できる通貨の種類は限られています。取引量が多くてまともに投資対象となる通貨はせいぜい10通貨ほどではないでしょうか。

FX業者によっては高金利通貨と呼ばれるロシア・ルーブル、ブラジル・レアル、トルコ・リラ、南アフリカ・ランドを取引できます。しかしこれら高金利通貨は取引量も流通量も少なく、ちょっとした事件で価格が急激に変動するためリスクが大きくなりがちです。

そのためまともに取引できる通貨となると、日本円・米ドル・カナダドル・豪ドル・ユーロ・イギリスポンドくらいで、これらの組み合わせによる通貨ペアになるので、10通貨ペアくらいにしかなりません。

一方、株取引の場合、日本株だけで取引できる銘柄は4,000種以上となります。4,000種の中から自分が取引しやすいものを選ばなければならないのでその点は中々大変ではないかと思います。

売買ルール

株取引の基本は”買い”から始めるということ。例えばC社の株式を200円で買って、その株価が300円にまで上がれば100円の儲けというもの。
これは裏を返せば株価が上がりやすい好景気の時には儲けを出しやすいけど、株価が下がりやすい不景気のときには儲けが出しにくいというものなんです。

FXの場合は”買い”から入ることも、”売り”から入ることも可能なんです。
例えば日本円と米ドルを取引する場合、アメリカが好景気で日本が不景気となればアメリカ企業の株を買おうと日本円が売りドルが買われます。つまりドルの価格が上がるということで、円対ドルの取引であればドルを買っておけばいいのです。

しかし、FXでは”売り”から入ることも可能です。アメリカが不景気で日本が好景気といった場合には円高、ドル円チャートでは下がる傾向にありますが、ドルを持っていなくてもドルを売ることができるのです。

FX業者からドルを借りて売って円に建て替え、その円でドルを買い直すと考えれば良いでしょう。

このようにFXでは下げそう、一般的には不景気の局面でも利益を出すことができるのです。

トレード時間

株の場合、トレードできる時間には制限があって、例えば日本企業の株であれば、日本の株式市場が開いている時間(9時〜15時)だけになります。外国株でも同様でその国の株式市場が開いている時間のみ取引が可能なのです。

しかし、FXは世界中で取引される通貨が取引対象となるので、世界のどこかの国の外国為替市場が開いている限り取引が可能となります。つまりは平日であれば24時間取引が可能なのです。世界中の外国為替市場がクローズとなる土日は取引ができません。

副業で投資を考えている方であれば取引時間も気になる所ですが、その点はFXは24時間OKということで、仕事から帰宅しても取引が可能なのです。

またFXでは大きく動く時間帯が3つあり、一つは東京市場オープン後の9時〜11時くらい、二つ目はヨーロッパ市場が動き出す16時〜19時、三つ目はNY市場が取引盛んになる23時〜25時です。会社勤めで夜帰りが遅い方でもNY市場に参加することができて、儲けるチャンスが豊富にあるのがFXの人気の理由となっています。

レバレッジ

FXと株の違いでもっとも大きな所で、FXのもっとも大きな魅力がレバレッジにあります。

株取引にもレバレッジはありますが、日本の場合は最大で3.3倍。しかしFXであれば日本のFX業者であれば最大25倍、海外のFX業者だと最大888倍という業者もあります。

資金が少なくても多くの金額の取引ができることで儲けるチャンスもそれ相応にあるのでFXが人気になっているのです。

ハイレバレッジ(実際の資金に対して多額の取引を行うこと)は危険だという声も耳にします。それは実際の資金よりも多くの金額の取引を行っているため、急な相場変動が起きると実際の資金以上のマイナスを抱えてしまうからです。

しかしこれはFXの特性や掟みたいなものをよく知らない初心者の方がやってしまうもの。FXをよく知る脱初心者トレーダーであればこれはまずやらないでしょう。

FXの特性を理解して、適切にトレードしていれば資金以上のマイナスを抱えることは滅多に有り得ません。実際に私はトレード歴6年以上になり、負け越しも経験していますが資金以上のマイナスを抱えたことはありません。

別の機会にハイレバでも実際の資金以上にマイナスを抱えない方法をご紹介したいと思います。

金利受け取りのタイミング

FXであれば通貨間の金利差によるスワップポイントが毎日付いてきます。金利差によってはプラスではなく、マイナスとなることもあるので注意が必要です。

株であれば年間1、2回(企業によって異なる)配当金が付与されます。こちらは株を保有していればもらえるものとなります。

FXでは毎日スワップポイントがもらえるということで、これだけで稼ごうという考えの方も見受けられますが、スワップだけで稼ぐのは100%無理です。
理由については下記の記事で解説しています。

FXでは売買益でしか稼げないことをしっかりと心得ておきましょう。
放置するだけで楽して利益を得たいという方は株の長期保有をお勧めします。

税金

ざっくりと言うのであれば、
FXの場合も株取引の場合も、20万円以上儲けた場合には20.315%の税金が課せられます。
あまり大きな違いはないのでFXも株もこの点では同じと考えても大きな間違いではないでしょう。

ただし株におけるNISAの場合は年間120万円までの利益に対しては5年間課税なしとなります。

投資初心者にFXをお勧めする理由

FXと株の違いを踏まえて、投資・投機が初めてという方にどちらがお勧めなのか?
私としてFXをお勧めします。

FXは株に比べて取引ルールがシンプルであるため、トレードを開始するまでに覚えるべき項目が少ないのです。株を取引する場合には企業の財務諸表の読み方や業界の動向に精通しなければならなく、研究量も多くなります。

また副業で始める場合には24時間取引ができるという点でもやはりFXがお勧めです。
株や先物取り引きなどの他の投資・投機と比べて何が良いのか、分かりやすくご紹介していきます!

取引ルールがとてもシンプル

まずは何と言っても取引ルールがとてもシンプルだという事です。
2カ国間の通貨間での取引で、注文を入れればその時の価格で売り・買いができるのです。

私はFX以外の株取引や先物取引などはそれほど詳しくはないのですが、、、
株取引の場合は「株を買いたい人の注文」と「株を売りたい人の注文」があって初めて売買が成立します。
株には”板”というものがあり、売りたい人はいくらで何株売りたいのか、買いたい人はいくらで何株買いたいのかといった情報が公開されています。こちらを見ながら取引をしていく訳で、今の値で買いたい・売りたいと思っても取引ができない場合があるのです。

ですが、FXはそんなに難しい事を考える必要はまったくありません!
今の値で買いたいと思い注文を出せば買えますし、売りたいと思って注文を出せば売れます。

買いたい値段、売りたい値段というのがあって、予め注文を出しておけばその値段になったときに自動的に売り・買いが実行されます。

先物取引であれば限月制度というものがあって、定められた期限内でしか取引ができません。
つまり持っているポジションがプラスだろうが、マイナスだろうが、期限が来たら強制的に決済されてしまうのです。

FXではそんなルールはありません。
口座に預けている資金が許す限りいつまででも、半永久的にポジションを持ち続けることができるのです。

このようにFXでは取引に関するルールがとても少なくてシンプルというのが、初心者にとっても理解がしやすいものとなっているのです。

24時間取引が可能

例えば株取引の場合、日本株であれば日本の株式市場の取引時間である9時〜15時までしか取引できません。Appleとかテスラモーターズなどのアメリカ企業の株であればニューヨーク証券取引所が空いている時間帯のみとなります。

しかしFXは世界中のどこかの国の外国為替市場が開いていれば取引可能なのです。つまり24時間、取引が可能なのです。具体的には下記の時間帯で取引が可能となっています。

夏時間時:月曜日6時〜土曜日5時
冬時間時:月曜日7時〜土曜日6時

ということはサラリーマン・OLで昼間お仕事をされている方でも夕方・夜に帰宅をしてからでも取引を行う事ができるのです。

しかも会社員の方が自宅にいるであろう18時〜25時くらいの時間はロンドンやニューヨークの為替市場が活発な時間帯で、値動きも大きくなる傾向にあります(為替市場においてロンドン、ニューヨークは東京以上に大きな市場なのです)。

このように平日であれば24時間取引が可能という点が副業として人気になるFXの魅力なんですね。

取引手数料が安い

FXは取引手数料がとても安いのも魅力となっています。

FXと同じ外国為替を取引する外貨預金と比べても、取引手数料が1/10〜1/100程度と非常に安くなっているのもFXの魅力です。

またFXと同じ金融商品である株や債権と比べても1/2以下と取引手数料が安くなっています。

なぜ取引手数料が安いのか、それには理由があります。

  • 取引がシステム化されている
    FXは取引が全てシステム化されています。外貨を両替する時の人件費などが不要で、さらに取り扱うのが各国が発行する通貨である事で、金融商品を換金するなどのコストが掛からないため、取引手数料が安価となっています。
  • 取引量が膨大
    株や先物と比べて取引量がとても膨大となっています。取引の仲介となるブローカーは取引手数料で利益を得ているのですが、株や先物や債権と違って取引量がとても膨大なので、少ない手数料でも十分に利益が出ているのです。

少ない資金でも取引が可能(レバレッジがある)

FXは少ない資金でも多額の外貨を運用できるレバレッジという仕組みがあります。これがFXの最大の魅力とも思います。

日本のFX業者であれば最大25倍、海外のFX業者では最大888倍のレバレッジを掛ける事ができます。例えば株取引であればレバレッジは最大で3倍までとなります・

レバレッジは自分で設定することができ、口座に保有する証拠金の残高次第で調整することも可能なので上手に運用するようにしましょう。

仮に、1ドル100円のときに1万ドル(100万円分)を購入したとします。その際に、口座に100万円あれば、実質的なレバレッジは1倍となり、50万円あれば2倍、10万円あれば10倍になるわけです。

利用するFX業者が設定する必要最低証拠金ではなく、実際に差し入れた証拠金をベースにレバレッジを考える事が重要です。

レバレッジを高く設定し過ぎた時に為替が急激に動くと、口座に預けている証拠金以上の損失が出る場合もありますので、運用には最新の注意を払いましょう。

「買い」「売り」のどちらからでも始められる

FXで利益を得る基本セオリーは円高(1ドル=100円)で外貨を買って、円安(1ドル=110円)で外貨を売ることですが、FXの場合は円高に向かう局面でも利益を得るチャンスがあるのです。

それは通貨は外貨を「買う」ことから取引は始まりますが、FXでは外貨を持っていなくても取引を「売り」から始めることができるからです。

つまり円安(1ドル=110円)で外貨を売って、円高(1ドル=100円)で外貨を買い戻すことができるということです。

NISAを始めとした株などであれば基本は「買う」ことから始められませんが、FXでは「売り」から始めることができるのです。

「外貨を持っていないのに”売る”ってどういう事?」と思われるかも知れません。安心して下さい、最初は私もそんな疑問を持っていました(笑)

分かりやす説明すると、

  1. 友人Aさんから1ドル借りて円に換金します
  2. 1ドル=110円であれば、手元に110円が入ります
  3. 1ドル=100円になった時にドルを購入します
  4. 1ドルを友人Aさんに返却します
  5. 手元に10円が残りました。これが利益となります

という感じになるのです。

FXは魅力がいっぱい

このようにFXは他の投資・投機にはない魅力が沢山あります。
こちらのサイトではFXで稼ぐためのノウハウを随時紹介してまいりますので、そうしたものも参考にしながらFXで副収入を得られるように頑張りましょう!

デモトレードをしよう

FXトレード講座indexへ戻る

シェアする

フォローする