チャートはMT4一択、FX業者オリジナルのチャートは使うな

シェアする

トレードをするときに必ずチャートって見ますよね。

うねり取りをやる方以外は独自にカスタマイズしたチャートを見て、売買のサインが表れた時に発注をするというのが基本的なトレード方法だと思います。

ところで皆さんはどのチャートを見ていますか?
FX業者が提供するチャートを見ている方が多いのではないでしょうか?

私はチャートはMT4でしか見ていません。

そして今までFX業者が提供するチャートを見ていたという人には、ぜひMT4のチャートを見ることをお勧めします。

今回は私がチャートをMT4でしか見ない理由、MT4のチャートをお勧めする理由を紹介していきます。

そもそもMT4とは?

MT4はPCのみならずスマホ、タブレット用にもプラットフォームを提供している

MT4とはメタトレーダーの略称です。メタクォーター社によって作られたチャート・取引ツールです。

PC用のみならずスマートフォン、タブレット用にもアプリが開発されています。

2017年現在、巷に普及しているメタトレーダーはMT4とMT5があります。4と5はバージョンによるもので、MT5の方が新しく2010年頃からリリースされていますが、使い勝手からMT4の人気は根強く、利用者でいうとMT4が圧倒的に多数となるでしょう。

私が使っているのもMT4です。これは両建てなどの取引を行うからであって、仮にチャートを見るだけであればMT4でもMT5でも違いは多くありません。

参考記事:MT4とMT5はどっちを選べばいいの?

何故MT4が人気なのか?

MT4がなぜ多くのトレーダーに利用されているのか、大きな理由は3つあります。

  1. 多くのFX業者が取引ツールとして採用している
    多くのFX業者が取引ツールとしてMT4を採用しています。特に有名な海外FX業者は殆どMT4を取引ツールとして利用しています。日本国内FX業者で取引においてMT4を使えるところは限られてきますが、世界中の大半のトレーダーがMT4を利用しているといっても過言ではないでしょう。
  2. 多彩なインジケーターが使える
    MT4では様々なインジケーターを使うことができます。移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、MACDなど基本的なものはもちろん、マニアックなインジケーターも豊富に取り揃えています。またデフォルトでは使えないインジケーターもプログラムされたファイルをインストールすることで使えるようになりますし、自分でカスタマイズしたインジケーターをアウトプットして他人に配布することもできます。
    FX業者を変える場合でもイチからチャートを設定する必要がなく、それまで使っていたチャートを引き続き利用できる点はとても便利です。
  3. 様々なEA(自動売買)ツールが使える
    MT4では自動売買が可能です。そしてMT4の真骨頂は他の人が開発した自動売買プログラムをインストールして利用可能なところです。
    プロが開発をしたEAもあり、それをインストールしておけばロジックに沿って自動売買を行ってくれます。勝率が公開されているものもあるので、その中から調子が良いものをピックアップして自動売買を行うことで、放置するだけで利益を挙げることも可能なのです。
    ただ私のトレード手法も自動売買に適したものではなく、自動売買について嫌疑派なので自動売買を利用してはおりません。

これら3つの理由から世界中のトレーダーがこぞってMT4を利用しているのです。

業者独自のチャートを見ない理由

日本国内FX業者が独自に用意しているチャートも競争を重ねて近年ではとても便利で見やすいものになってきました。

しかし驚くことに、業者独自のチャートの中にはトレンドラインやフィボナッチを引いたりすることができないものもあるばかりか、約定した値がチャートに表示されない粗悪なチャートを提供しているところも少なくありません

ただ私がチャートだけはMT4にこだわる理由はそういったチャートの機能によるものではなく、ひとえに、
世界中で最も多くの人が利用しているチャートだから
に他なりません。

FXの取引には世界中の人々が参加しています。それ故に多くの市場参加者と同じチャートを見ることが非常に大事なんです!

分かりやすい例を出すと日足。
為替相場は月曜日早朝から土曜日の明け方までノンストップ開いています。ニューヨーク時間の金曜日17時で1週間の相場が終わるのでが、日本時間では土曜日の早朝となっています。

日本のFX業者の中にはこの土曜日の数時間分を日足として、1週間に6本足で表示する業者があります。しかし、グローバルで見ると1週間5本足が世界基準となるのです。

日足が5本と6本では表示されるチャート・インジケーターにも差が表れてきます。
世界中にいるトレーダーの多くは日足5本のチャートを見ているのに、業者独自のチャートは日足6本。これはハンディ以外の何物でもありません。

MT4でもかつては日足6本の業者もありましたが、今ではほとんどが日足5本となっています。

こうした影響は時間足においても出てきていて、日本の業者では取引時間のみの表示をする業者もあります。
例えば為替市場は月曜日7:00~土曜日7:00(夏時間時は月曜日6:00~土曜日6:00)まで開いて、これが為替相場の標準時間となっていますが、業者によっては土曜日は2:00までとかそういった業者も珍しくはありません。そうなると土曜日の2:00~6:00の時間足は表示されなくなり、移動平均線や一目均衡表などの表示が世界基準のものと異なってきてしまうのです!

世界中のトレーダーと同じチャートを見るのか、日本にいる同じFX業者を使っているごく限られたトレーダーだけのチャートを見るのか、勝つためにはどっちのチャートを見るべきか明白でしょう。

どの業者のMT4を使うべきなのか?

様々な業者がMT4でチャートを提供しているのですが、
「一体どの業者を使えば良いか分からない」
とお悩みではありませんか?

MT4業者を選ぶポイントはタダ一つ、
日足5本の業者を選択すべし
ということです。

MT4を使うのは世界中のトレーダーと同じチャートを見るためです。なので世界中のトレーダーが見ている日足5本の業者のチャートを見るようにしましょう。

「ちょっと待って!値動きの違いってあるんじゃないの?」

と思われた方もいらっしゃるでしょう。同じドル円でも業者によって微妙な値動きの違いはあります。しかし、業者間で少しでもスプレッドが狭いようにと競争がある昨今ではその違いは大きくありません。

10pipsも20pipsも開きがあれば問題ですが、1pipsとか3,4pipsとかの差なら許容の範囲内です。それよりは時間足の本数の違いにより表示されるインジケーターが他のトレーダーと異なってしまうことの方が問題です。

基本的には自分が使うFX業者がMT4に対応していて、日足5本であればその業者のものを使えば問題なしだと思います。

Bettyお勧めのMT4業者

GMOクリック証券などMT4に対応していないFX業者を利用している場合であっても、チャートだけはMT4で見ることをお勧めします。
現に私は豪ドル円の取引にはGMOクリック証券のFXネオを用いていますが、チャートはMT4で見ています。

MT4はデモでもリアルと同じチャートを見ることができるので、デモ口座だけ開設してチャートを見るだけというのも一つの手でしょう。

しかし、できるならばMT4対応業者でリアル口座を開設することをお勧めします。
理由は、

  • デモは3ヶ月の利用期限がある
    利用期限が来たら再度デモ申請を行うことで再びチャートを利用できるようになりますが、いちいち手間になってしまうので、利用期限がないリアル口座を開設しましょう。そうしないと大事な局面で「回線切れ」と表示されチャートが動かなくなり、再度デモ申請する間にチャンスが逃げてしまうというリスクが考えられます。
  • デモは回線切れを起こしやすい
    デモは回線不通となってチャートが止まってしまうことが多々あります。指標発表時や早朝・深夜などの相場が薄い時に起こりやすいです。業者からしてみれば、リアル口座はトレーダーの利益にも結びつきますが、デモ口座をストップさせたからといったトレーダーに実害はありません。なので、リアル口座の回線を強化して、デモ口座の回線はそこそこにというのがもっともですよね。

実際に取引しなくても、もちろん入金をしなくてもOKです。とりあえずリアル口座を開設してしまえば無期限でチャートが使いたい放題となります。

私がお勧めするMT4業者はXMとOanda Japanの2社です。

お勧めのMT4業者1:XM

まず最初のお勧めは海外FX業者のXMです。

レバレッジ888倍、ゼロカット制度による追証なしなど実際のトレードに使う口座としてもお勧めです。

世界中で40万人のトレーダーを抱え、196カ国以上に展開しており、ヨーロッパ各国の金融庁から認可を得ていて、海外FX業者の中では信頼性がかなり高くなっています。

MT4はMac用を独自で提供しているので、WineやBoot Campなどを使わずにOSXだけで利用することができます。

XMの詳しい評価はこちら

スピード申し込みは下のリンクから行えます!今なら口座開設だけでトレード資金3,000円が無条件でもらえちゃいます。

お勧めのMT4業者2:Oanda Japan

MT4の有用性は分かるけど、海外FXはちょっと・・・
と抵抗がある方にお勧めなのはOanda Japanです。

もともとは海外で展開しているFX業者でしたが、今では日本の金融庁からもきちんと認可を受けている国内FX業者です。

かつては日足6本足とMT4の使い勝手が悪かったのですが、現在では日足5本足となっていて、サーバーもしっかり稼働してくれています。

国内FX業者なのでレバレッジは25倍ですが、最低取引ロットは1通貨〜可能なので、資金が少ない方でもトレードすることができます!

Oanda Japanの詳しい評価はコチラ

MT4業者の中ではスプレッドが最も狭いドル円0.4銭となっているので、トレードをするにもお勧めのFX業者です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

MT4(MT5)は世界中のトレーダーが愛用する共通のプラットフォームです。FXでは世界中のトレーダーと同じチャートを見ることが勝ち残っていくための必要なんですよ。

まだMT4を使ったことがない方は是非使ってみて下さい!
きっと業者オリジナルのチャートには戻れなくなってしまいますよ^^

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみて下さい

MT4とMT5の違いを分かりやすく解説しています。MT4の次世代版として登場したMT5ですが、FXトレーダーの多くは未だにMT4を使っているのも事実です。なぜMT5への移行は進まないのか?なぜMT4が根強くFXトレーダーから支持されているのかを解説しています
新たに契約したFX業者のIDとパスワードで、もともと使っていたMT4にログインしたいとなった際に、「契約したFX業者のサーバーが表示されない」と困ったことはありませんか?こちらではMT4・MT5で取引業者のサーバーが表示されず、ログインできない場合の対処方法を書いています
MT4・MT5はスマホ版もとっても見やすく、トレードがしやすいオススメのツールです。ここでは既存のFX口座のアカウントでスマホ版のMT4・MT5にログインする手順を画像付きで丁寧にご紹介します٩(๑❛ʚ❛๑)۶
MacでMT4をインストールしたけど起動できない方へ。MacでMT4を起動させるにはちょっとした作業が必要になります。ここではMacでMT4を起動させる方法を画像付きで解説しています。もちろんMT5もこの方法で起動するようになります!
Bettyが実際に使っているオススメ口座

Bettyが実際に使っているオススメ口座


私がメインで使っているのはXMです。MT4、MT5にも対応していて、トレードに使えるボーナスも豊富です!最大レバレッジが888倍なので少ない入金でも満足のいくトレードが可能です!またゼロカットにより、入金額以上の損失は発生しません。口座開設だけで3000円のボーナスが貰えるので、これだけでトレードができちゃいます!

BettyによるXMの評価はコチラ

XMの口座解説方法はコチラで詳しく説明しています

ブログランキングへの応援をお願いします

ご参考にして頂けましたら、ぜひ応援をお願いします( ´◕㉨◕)♥
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

シェアする

フォローする