海外FXを初めて利用する人が気をつけるべきこと

こんにちは、副業トレーダーのBettyです(๑・㉨・๑)

今回は初めて海外FXを使う方に、海外FXでトレードをする前に知っておいて欲しいことをまとめました☆

取引のルールやボーナスの扱いなど、国内FXと違っていることもあるので、ぜひ参考にして良いスタートを切っていただければと思います(*Ü*)ノ”

取引単位に注意

FXではどれだけの単位のお金を取引するのかをLot(ロット)と言う単位で表しますよね。

注意すべきは、ロットは業者によって異なっていると言うことです。

国内FXでは1Lotが10,000通貨だったり、1,000通貨だったりと業者によって異なりますします。

海外FXでスタンダード口座は、1Lotが100,000通貨であることがほとんどです。

例えば、XMでもスタンダード口座は1Lotは100,000通貨となっています。

XMの1lot説明

この状態で注文を入れると100,000通貨での取引となります。

1万通貨だと思って誤って注文を入れてしまうと、10pipsの逆行でマイナス1万円となってしまうので注意してくださいね(゚ロ゚ノ)ノ

海外FXではスタンダード口座よりも取引数量の少ないマイクロ口座を用意しているところがあります。

XMでもマイクロ口座を用意していて、こちらでは1ロットが1,000通貨となっています。

XMマイクロ口座の1lot説明

通貨ペアのところにマイクロ口座を示す”micro”と表示されてますよね。この状態だと1Lot=1,000通貨の取引となります。

最低取引単位も口座によって異なります。

XMではマイクロ口座では0.01Lotからの注文が可能ですが、ただし、is6comでは0.05Lot以上からしか注文ができません。

自分がどの口座を利用していて、1Lotは何通貨なのか、最小取引単位が何通貨なのかを注意しておく必要があります。

また海外FXでは取引にMT4・MT5を使うことになるので、使用方法についても予め慣れておいた方が良いですよ(ฅ’ω’ฅ)♪

https://fx-kawase.site/trade-theory/how-to-use-mt5-smartphone

禁止取引に注意

海外FXではスキャルピングやEAを使った自動売買が認められています。

そのため自由な取引が可能です。

しかし、どんな取引でも可能かというとそうではなく、禁止されている取引もあります。

その最も顕著なのが、口座間をまたいだ両建てです。

海外FXでは複数口座を持つことが認められています。例えば、XMでは1人8個まで構造を持つことができます。

A口座とB口座を持ち、それぞれで異なる通貨の取引を行うことができます。

でも、なぜ口座をまたいだ両建てが禁止なのか?

それは海外FXではゼロカットにより追証がないからです。

急激な相場変動により口座資金がマイナスになったとしても、海外FX会社がその損失を補填することにより、追証は発生しません。

週末のクローズ間近に口座Aでドル円ロング、口座Bでドル円ショートのポジションを持って翌週に持ち越したとします。

翌週に大きな上窓を開けると、口座Aは爆益、口座Bは資金がマイナスとなります。しかし、ゼロカットにより口座BのマイナスはFX会社の補填によりゼロに戻されます。

これを許容してしまうと、FX会社はトレーダーのマイナス分だけを補填しなければならず、利益を出すことができません。

このため海外FX会社では口座をまたいだ両建てが禁止されているんです。

別のFX会社でやればいいんじゃない?

と思われるかも知れません。

しかし、これが原因で出金拒否・口座凍結になった例もあるため、やめておいた方がいいでしょう。

口座をまたいだ両建て以外では、レート遅延を狙ったトレード(アービトラージ)など禁止されていますが、普通に取引している分には大丈夫です

ただ、EAの中にはシステムの欠陥を突いて利益を出すようなものもあるようなので、そこについても注意が必要です

ボーナスに関するルール

海外FXではボーナスを提供している業者がありますが、ボーナスは出金すると消滅してしまうことに注意をしましょう。

例えばXMでは出金額と残高の割合に応じて、ボーナスが消滅します。

残高10万円+ボーナス5万円=有効証拠金15万円

となっていて、1万円を出金した場合、残高の10%を出金することになるので、ボーナスも10%である5,000円が消滅することになります。

5万円を出金すると、残高に対して50%の出金となるので、ボーナスも50%分である25,000円が消滅します。

出金した以上に証拠金がなくなることになるので、ポジションを持っている場合には証拠金維持率に気を配る必要があります。

資金が増えたら原資を出金する

10万円を入金して20万円分まで稼いだら、入金した10万円分は出金するようにしましょう。

入金分についてボーナスが付いているんであれば、ボーナス分を稼いだ段階で出金しましょう。つまり、10万円入金して10万円分のボーナスが付いているんであれば、30万円になった段階で原資の10万円を抜くこと。

出金するとボーナスは消滅してしまいますが、10万円は残るのでトレードを続けることができます。

ボーナスが減って不安?

大丈夫です、そこまで増やせるのであれば、ボーナスがなくても増やすことができます。

大事なのは、原資を回収するということです。

これは心理的エッジ、心理的アドバンテージを作り出すのに非常に有効的なんです。

原資を回収できていれば、例え残高がゼロになっても、海外FXが詐欺業者でも出金できなかったとしても、損失はゼロ。

そもそも出金できないことに対して不安があるのなら、XMを使うことをオススメします。

https://fx-kawase.site/account/xm

心理的エッジを作ることって本当に大事。

心理的な余裕ができるとトレードでも正しい判断ができます。

逆に心が不安定の状態だと、エントリーすべきところではないのに、エントリーしてしまったり、利食い・損切りの判断が正しくできなかったり、利益を育てることが難しくなります。

嘘だと思うかもしれませんが、これって本当にあるので、騙されたと思って試してもらいたいです(✿>‿<)و♥*+

FXでは目標を設定しない

これは国内FXだろうが海外FXだろうが同じですが、FXでは目標を設けてはダメです×(゚ω゚ )夕”乂夕”乂( ゚ω゚)×

毎日、毎週、毎月などトレードスタイルによって、いろんな期間で目標を設けている方がいるかも知れませんが、個人的には目標を設定する必要はないと思っています。

FXは相場の動きに乗るもの。

相場の動きは自らでコントロールできません。

強いトレンドが出ているときに取引する手法なのに、レンジ相場が続いたらエントリーできないし、利益も出ませんよね?

目標があるとエントリーすべきところではないのに、無理してトレードしてしまったり、利食いすべきところで利を引っ張って反転・損切りしてしまうなど、判断ミスが生じます。

ただし、損失はストップにより自分でコントロールすることができます。

「今週は100pips負けたらトレード休もう」

など損失の制限は設けておくのはありかと思います(๑→ܫ←)b

初めて海外FXを使う上で気をつけること まとめ

初めて海外FXを使う上で気をつけるべきことをまとめてきました。

海外FXのみならず、国内FXを使う上でも大事な点もいくつかありましたね。

これらを参考に海外FXを使って頂ければと思います。

https://fx-kawase.site/account/kaigai-fx-beginner