意外と知らない人も多い、正しいエントリーの仕方とは?

シェアする

正しいエントリーの仕方解説_001

「どこでエントリーしたら良いか分からない」

「エントリーするところが毎回ここで良いのか悩む」

といったことでお悩みではありませんか?

新規でポジションを持つ発注であるエントリーについて、Twitterやブログのお問い合わせを通じてご相談いただくことがありますが、意外にも正しいエントリーポイントの見つけ方、エントリーの仕方を知らない方が多いことにビックリしています。

そこで今回は正しいエントリーの仕方について解説していきます。

正しいエントリーの仕方「まずはストップから」

新規でポジションを建てる時に、最初に次のように考えていませんか?

「1ドル=◯◯円になったら注文しよう」

「移動平均がGC(もしくはDC)した瞬間にエントリーしよう」

「昨日の高値(もしくは安値)を更新したらエントリーしよう」

FXトレードにおいて、これらはいずれも大きな誤りです。

エントリー(成行、指値・逆指値での新規発注)の前に必ず決めるべきものは、

ストップの価格です!

エントリーポイントなんて二の次、まずはストップから決めるようにしましょう。

ストップの置き方については、別の記事で詳しく解説しておりますので、そちらをご参考にして頂けると幸いです^^

参考記事:本当に正しいストップ・損切りのポイントとは?

エントリーポイントはストップからの逆算で決める

さてここからが本題の「エントリーポイントはどのように決めるのか」を解説していきます!

エントリーポイントはズバリ、

ストップ(損切り)からの逆算で決めるというのが正解です!

具体的にチャートを使って解説していきますね^^

正しいエントリーの仕方 Case Study!

まずは下のチャートを御覧ください。

正しいエントリーの仕方解説_001

一目均衡表の雲下なので、ショートを狙っていく方針としましょう。
まずはストップ位置から探していきます。

矢印を示したところは、少し分かりにくいかもしれませんが、上ヒゲで高値137.718を指しています。

ストップの位置は、抜けたら相場が転換しそうなポイントに置くのが正解でしたよね^^
例えば次のような形でストップラインを引いてみてはどうでしょうか。

正しいエントリーの仕方解説_002

最初のチャート写真の矢印の高値137.718を超え、且つ雲上となる137.900にストップラインを引きます。

仮にここまでチャートが上がってきたら、高値更新&雲上となるので、相場が転換したと見做せるんじゃないでしょうか。

ストップラインをこのように設定したら、続いてエントリーの値を決めます。
エントリー値はストップからの逆算で考えます。

つまり、、、
いくらまでなら負けても良いかを考えます。

「えー、最初から負けることを考えるの? 」なんて思われるかも知れません。そりゃー、誰しも負けたくはないですよね^^;

でも、FXにおいては負けは付き物。どんなに熟練したプロトレーダーでも負けることはあります。

大事なのは、
1回や2回の数回負けても、またエントリーができるように資金を管理することです。

FXというのは、数回負けても、1回の勝ちで取り戻せばいいのです。

「1回、2回負けて、資金を追加で入金しなければ勝負ができない」という資金管理ではダメなのです。

「どれだけなら負けても良いのか」というのは、トレーダーの資金力や使う業者のレバレッジにも依りますが、一般的には資金の2%くらいまでとされています

上の例で、10万円を入金して1万通貨でトレードするとしたら、損失の許容額は、

10万円×2%=2,000円

となります。つまり、20pipsまでは負けても良い額となります

そして、
ストップ137.900から20pips引いた、
137.700がエントリーポイントとなります。

チャートで示すと次の形になります。

正しいエントリーの仕方_003

137.700でエントリーを行い、137.900になったら損切りをするという形です。

ここで大事なことをもう一つ加えると、

見込める利益を計算するという事です。

今回の例で言うと、

正しいエントリーの仕方_004

前々日の値で136.970という安値を付けています。この安値のちょっと手前に利食いを設定します。

今回の例では137.200に設定しています。

ストップはタイトに置きますが、利食いは(利益が大きくなり過ぎないように)甘く置きます。

そしてリスクリワードも忘れることなく計算します。

今回の例では、リスク=20pipsに対して見込める利益は50pipsなので、リスクリワードは2:5となります。

必ずリスク<リワードとなることを確認してから、指値などの注文を入れます。

リスクの方が大きければ、トレードに勝率を求めなくてはならなくなります。FXで稼ぐためには、勝率3割とかでもプラスになるようにしなければいけません。

もしリスクの方が大きくなってしまうのであれば、そのトレードは見送りましょう。
間違っても利食いの位置(見込まれる利益)を大きくし過ぎないこと。テクニカル的な根拠のあるところに置くようにしましょう。

エントリー137.700 ストップ137.900 利食い137.200で注文をしておくと、

正しいエントリーの仕方_005

緑の矢印のポイントは高値が137.708なので、ショートの注文が成立します。

正しいエントリーの仕方_006

そしてオレンジの矢印のポイントで利食いが成立して、プラスでのクローズとなります٩(•̤̀ᵕ•̤́๑)ᵒᵏ

正しいエントリーの仕方まとめ

  • エントリーの前にストップの値から決める
  • ストップの位置から損失許容額を差し引いて、
    エントリーポイントを決める
  • 見込める利益も計算して、
    リスク<リワードとなることを確認してから注文を出す。

    仮にリスク>リワードなら、そのトレードは見送る

いかがでしたでしょうか?意外と知らない人も多い、正しいエントリーの仕方について解説をしてきました。

「すぐにストップ掛かってしまう」

「エントリーしても中々プラスに転じない」

といったことでお悩みの方は、このエントリー方法で勝てるように練習を積み重ねていきましょう!

Bettyが実際に使っているオススメ口座

Bettyが実際に使っているオススメ口座


私がメインで使っているのはXMです。MT4、MT5にも対応していて、トレードに使えるボーナスも豊富です!最大レバレッジが888倍なので少ない入金でも満足のいくトレードが可能です!またゼロカットにより、入金額以上の損失は発生しません。口座開設だけで3000円のボーナスが貰えるので、これだけでトレードができちゃいます!

BettyによるXMの評価はコチラ

XMの口座解説方法はコチラで詳しく説明しています

ブログランキングへの応援をお願いします

ご参考にして頂けましたら、ぜひ応援をお願いします( ´◕㉨◕)♥
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

シェアする

フォローする