ビットコインの基本的な知識を紹介します

最近テレビやネットニュースなどで耳にすることが多いビットコイン(bitcoin)。

「ビットコインってどんなところで使えるの?」
「FXとの違いってどんなところ?」

といったビットコインに関しての基本的なところを解説していきます。

ビットコイン(bitcoin)とは?

ビットコインとはインターネット上で流通する「仮想通貨」と呼ばれる通貨です。

2009年に運用が開始され、しばらくは通貨というよりモノの扱いでしたが、2017年4月1日施工の「改正資金決済法(仮想通貨法)」によって金融庁が通貨として認めるようになりました。

通貨であるため2017年7月から売買に関わる消費税も非課税となります。

ビットコインと普通の通貨との大きな違いは、発行している国が存在しないことです。取引には為替取引所や中央銀行が関わらず、すべてネットワーク上で行われます。

ビットコインの発行額には上限があるため、欲しい人が多いほど価格が上昇するという株や金に似た性質があります。これの性質を用いてビットコインをFXや株のように投資対象としてトレードする方も最近増えているのです。

<ビットコインのメリット>
・決済や送金にかかる手数料が安い
・匿名性が高い(個人名ではなく、ビットコインアドレスで取引)
・国境を超えて個人間で直接取り引きができる
・各国の通貨と交換ができる

これらの観点からFX業者においては入出金方法として、ビットコインを導入するところが増えています。

一方でビットコインにはいくつかのデメリットもあるので、利用の際にはしっかり理解しておきましょう。

<ビットコインのデメリット>
・法的責任を持った主体がなく、無保証
・資金洗浄などに悪用されるケースがある
・国によっては規制する動きがある(中国・ロシア・インドネシアでは禁止)
・相場の変動が激しい

ビットコインをFX業者への入出金で利用したり、お店での売買手段として考えている方はこうしたメリットとデメリットを予めしっかり理解しておきましょう!

ビットコインの売買はどうやるの?

ビットコインを入手したり、各国通貨に換金したりするには「取引所」と呼ばれる仲介業者で円やドルと交換します。

取引所によってはレバレッジを掛けた取引もできるので、FXのようにレート変動による差額で利益を得ることもできます。

ビットコインを管理・利用するためには仮想財布「ウォレット」の作成が必要です。

ウォレットとはその名の通りビットコインを入れる財布のこと。

デスクトップPCに作ったり、スマホにアプリとして作るもの、インターネット上に作るものがあります。

紙媒体でメモとして保管する方法もあります。

スマホアプリであればbread walletというアプリが有名です。

取引所でビットコインを購入したら、ウォレットに入れて保管します。

日本語対応している主な取引所は下記の通りです。

Coincheck
【手数料】0%
【取引最小単位】0.005BTC
【レバレッジ】最大5倍

Bitflyer
【手数料】ビットコイン取引量の0.5%+0.0004BTC
【取引最小単位】0.001BTC
【レバレッジ】最大15倍

bitbank
【手数料】ビットコイン取引量の0.5%+0.0004BTC
【取引最小単位】0.04BTC
【レバレッジ】最大20倍

ビットコインを新規で購入する場合にはクレジットカードを使うのが基本ですが、銀行口座から取引所に入金してそこでビットコインに交換することもできます。
ビットコインATMを使うことで現金での購入も可能です。

日本ではまだ一部にしかATMはありませんが、決済方法として導入するお店も増えているので、ATMも今後増加が見込まれます。

ビットコインの購入単位と送金について

ネットニュースなどで「1ビットコインが30万円を突破!」といったことを目にしたことがあるかもしれません。

「30万円ないとビットコインは買えないの?」

なんて不安になるかもしれませんが、ご安心下さい。

ビットコインの最小単位は0.00000001(1億分の1)BTCです。
実際に購入できる最小単位は取引所によって異なります。上で書いた主な取引所紹介のところに最小単位を書いていますが、例えばbitFlyerなら0.001BTC(17年6月レートで約300円)から購入ができます。

購入したビットコインは、店舗で使用したり、送金相手のビットコイン・アドレス宛に送金したりすることで使用が可能です。

ビットコイン決済はクレジットカード決済に比べて、
・手数料が格段に安い
・入金がリアルタイム
・料金が未回収となるリスクがない
という特徴から、決済方法に採用するお店が増えています。

またFX業者(特に海外FX業者)においてもビットコインでの入出金を可能としているところが増えています。

ビットコインは安全なの?

ビットコインの安全性について

ビットコインを知るようになったのは、多分2014年にマウントゴックスが約480億円分のコインを何者かによって不正に引き出された事件ではないでしょうか。
(私もこの事件でビットコインを認知するようになりました)

この事件の記憶があるので、ビットコインについて不安に感じる方も多いかと思います。
ただ、この事件があってからセキュリティが強化されてビットコインの不正な引き出しなどが少なくなって、むしろ安全になったとも言われています。

一方で法律上の問題で通貨としての保証がされない点はやはり不安となります。そのため、ビットコインは個人の管理と運用に任され、まだまだ一般に普及されない要因となっています。

ビットコイン基礎知識まとめ

  • ビットコインはネット上で流通する仮想通貨
  • 取引所でウォレットを作成することで取引・使用することができる
  • FX業者への入金・出金に使用することができる

ビットコインをFXのように取引するかどうかは別として、海外FX口座への入金・出金の方法として非常に便利なので取引所のアカウントとウォレットを作っておくと良いですよヾ(*ΦωΦ)ノ

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみて下さい

https://fx-kawase.site/account/how-to-trade-bitcoin-at-xm

https://fx-kawase.site/account/trade-bitcoin

https://fx-kawase.site/account/deposit-to-xm-using-bitcoin